高還元率クレジットカードを選ぶ時

クレジットカードでポイントが高還元率の所は有利と考えがちですが、実際には使い方によっては有利ではあっても、サービス内容の確認を疎かにしてしまうとメリットを受ける事が難しくなります。高還元率表示されていても、年間に使う総額が一定水準に達しないと、その還元率での利用が出来ない場合や、ポイントを交換する時に使いにくい場合、他にもポイント有効期限が短くてすぐに消滅する時等、様々なルール設定がありますから確認は必須です。こうした還元率の確認と同時に、その還元率が適用される条件やポイントの使い方や貯め方については必ず確認した上で、還元率のみに着目して申込を行わない事が重要になります。まずはサービス内容をきちんと確認する事です。

どんどん進化していくクレジットカード

私は普段の生活で、クレジットカードを使用しています。今のクレジット社会ってすごいですよね!色んな提携先のポイントに相互交換をすることが出来たり、電子マネーにもクレジットカードからチャージすることが出来ます。私の使っているカードも、電子マネーにチャージすることが出来るので、チャージする時・電子マネーを使う時の2重取りでポイントを貯めています。昔は還元率=1%もあれば十分でしたが、今では2~3%の還元率を誇るものも登場していたりして、驚かされます。私がこれからチャレンジしてみたいことは、クレジットカードから電子マネーにチャージしたものを使って、税金の支払いをすることです!固定資産税・自動車税など、必ず支払をしなければならない出費こそ、クレジットのポイントを貯めて、節税代わりとしていきたいです。

陸マイラーだった過去

航空会社と提携しているクレジットカードを日常の支払にて使って、そして航空機を利用せずにマイルを貯める人たちのことを指して、「陸マイラー」という言葉がありますよね。私も実際に「陸マイラー」をしていた時期があるのです。しかし、あまりにも忙しかった時期でしたので、結局特典航空券を期限以内に使えないと判断して、結局いわゆるマイル系のクレジットカードは解約をしてしまいましたね。やっぱり「陸マイラー」をするには、もう少しスケジュールに余裕がないといけません。私の場合は働き盛りであったということもあるのですが、結局特典航空券を使うために無理やりスケジュールをあける方がしんどかったということもあって、ちょっと残念な使い方をしてしまいましたね。

クレジットカードを初めて作成する時気をつけること

クレジットカードを初めて作る場合、いくつか注意しておくべきことがあります。まず、クレジットカードには有料&無料で作成できるものがありますが、客観的に考えると無料で作れる物の方がお得なような気がしますが、無料で作れる物の中には永年無料の物と1年間のみ無料の物がありますので確認しておく必要があります。他にも、沢山カードを作りすぎてしまうと、もし財布を落とした時の停止手続きも大変ですし、沢山持っていることで盗難に気づけず請求書が来てから大慌てする場合もあります。クレジットカードは複数持つのではなく、普段よく使う物を2~3枚程度持つようにして、新規や更新で送られてきたカードにはすぐに名前を書き込んでおかないと、不正使用された場合保険でカバーされないこともありますので、必ず自分の名前を記入するようにしましょう。

計画的な使用を

クレジットカードは便利です。財布には到底入らないような金額を消費する買い物をしても後払いにできます。銀行口座にお金が入っていれば買い物ができてしまいます。使用するとポイントがたまるクレジットカードもあり、利用者の数はどんどん増えています。いつの日か全ての人がお金を持ち歩くことがなくなるのかもしれません。自動販売機でもクレジットカードが使えるようになるのでしょうか。カードローンでお金を借りることもできます。しかし、お金を借りる以上、期日までに返さないといけません。そのため計画的な借り入れが必要不可欠です。借りすぎて返済が困難になってしまったという人は多いです。お金が関係してくるのでクレジットカードの使用には細心の注意を払いましょう。

クレジットカードでポイントゲット

クレジットカードは持っているけど、使うことはないという人も沢山いると思われます。しかし、せっかく持っているのであれば使わないと損です。なぜなら、クレジットカードを使うことでその会社のポイントが付くことがほとんどだからです。このポイントは様々な景品に交換することができたり、また、現金やクオカードに代えて、好きなものを購入することができるからです。クレジットカードの支払いも一括払いにしておけば、支払う金額は買物で使った金額だけなので、まったく損はしません。小さな金額も積もっていけば大きなポイントとなって手元に戻ってくるので、コンビニでジュースを買うだけにでも使うことが後々のポイントへと繋がってきます。

クレジットカードの使い過ぎを防ぐためにしていること

クレジットカードとは便利なものであり、ポイントもたまってお得にもつながると思っています。しかし、使いすぎてしまうことも心配されます。何も考えずに使っていると、請求書を見て慌てることにもつながってしまうと思います。そういったことについては、できるだけ気をつけたいと思っています。さて、今ではクレジットカードはウエブで明細を確認できることが多いです。そして、使用状況についても、ウエブで確認できます。そんなことから、時々は、自分のクレジットカードの利用状況を、ウエブで確認するようにしています。そうすれば、使い過ぎをセーブすることにもつながり、請求書を見て慌てることも防げると考えています。ウエブで確認できるようになったことは、とてもありがたいことだと思っています。

その日に発行できるクレジットカード

クレジットカードは申し込んでから手元に届くまで、2,3週間かかります。しかし、1日で発行できるクレジットカードがあります。流通系のクレジットカードです。ショッピングモールを経営している会社が発行しているクレジットカードです。そのショッピングモールでしか利用できませんが、そのショッピングモールにあるATMでキャッシングはできますし、ショッピングモールの専門店で洋服、本、DVDを購入することができます。もちろん、食料品を購入することができます。飲食店もたくさんあります。このショッピングモールは全国にあります。私は財布ごとクレジットカードを落としてしまいましたが、この流通系のカードを即日作ることができたので生活に困ることはありませんでした。しばらくして本当のクレジットカードが届きます。

年会費が無料だから選ぶクレジットカード

クレジットカードは、年会費が無料というカードが凄く魅力的です。年会費は1,000円以上かかるところが多く、それを見ただけでも、選ぶ対象から外したくなります。そう考えると、やはり、年会費が無料というクレジットカードを探しては、そこに決めたくなるのです。年会費が無料というクレジットカードは、いがいとあるのです。私の使っているカードも無料です。それでこれを選びました。カードを使うことも多いですが、どこか年会費が無料というところがお得なイメージがあります。もう15年も使っているので、もし有料なら15,000円は払っていたでしょう。やはり、無料が1番です。

なぜにVISAではなくJCBのマイル系クレジットカードだったのか?

一度、マイルを貯めようと、もっと言えば陸マイラーになろうと、航空会社と提携しているクレジットカードを持っていたことがあります。まあ、具体的に言えば、JCBと提携しているANAのクレジットカードです。なぜにVISAの方ではないのかと言われましたら、当時JCBのANAクレジットカードの方が、入会特典のポイントが多かったからです。それで、クレジットカード会社と提携しているマイル系クレジットカードは、まずはポイントをマイルに変えて、そしてマイルを特典航空券に交換するシステムです。ですから、ポイントが少しでも多い方が魅力なのですよね。そういう単純な理由にてJCBの方を選んだわけです。