クレジットカードの利点

私は日頃からほとんど現金は持ち歩きません。買い物はほとんどクレジットカードを使うようにしています。その理由としましては、まず、財布がかさばらない。小銭が無駄に増えることがないのがいいです。次に何と言ってもポイントが貯まるところがとても素晴らしいです。現金で払うのとカードで払うの、同じ行為なのに、後者にはポイントというご褒美がついてきます。毎日の買い物など、すべての日常的支払いをカードにすることによってかなりの金額になります。それを考えると使わない手はありません。クレジット会社への手数料などの関係で5000円以上のお買い物をされる方のみカードが使えます。なんていうのが多かったのは一昔前、今はいろんなところで少金額でもカードが使えます。1度ぜひ試して見てください。

リボ払いを薦めてくるクレジットカード会社

クレジットカード会社の多くはリボ払いを積極的に薦めてくる傾向があり、リボはルールを知っていれば便利なサービスですが、ルールを曖昧に把握していると手数料を常に取られる事になります。リボ払いの特徴を一言で表せば、月々定額返済であり、出費が大きな買物をしても、月々に返済する額は小さく一定に出来るものです。ですから月々返済負担が楽になり、大きな買物を躊躇なく出来るという利点がありますが、返済額が小さいですから完済までの道のりが長くなり、毎月元本が減り難いデメリットもあります。手数料を払い続ける事になる可能性もあり、月々負担が小さいからこそ毎月それほど気にせずに過ごせますから、それが仇となって手数料総額が膨れて行く事もあるのです。カード会社的には手数料が取れる可能性がありますから、リボサービスを促しますが、利用時は返済計画を立てて使う事が望ましいと言えます。

クレジットカードは便利で安心です。財布の中に1枚は必ず入れてあります。

クレジットカードは主にJCBカードを使います。このカードは46年前に三菱銀行で勧められて入った最初のクレジットカードだから愛着があるのです。JCBカードは年会費1,250円かかりますので無駄なような気がしますが、国内での使用は一番便利かと思います。VISAカードも、持っていますが外国へ行くことはないのでJCBカードほどは使いません。ただ子供が外国へ行く時はVISAカードを持っていきます。外国では圧倒的に強いようです。クレジットカードを持っていて助かったことは何度もあります。一番ポピュラーな例はうっかり財布を忘れたときです。国内でJCBカードが使えなかったお店は今まで1回もありません。それから急に高額商品を買うことになったとき財布の中にクレジットカードが入っていると安心です。

楽天カード愛用中

今なら8000ポイントというTVCMにつられて楽天カードを作りました。作ってよかったです!なんといってもポイントが貯まりやすく、楽天市場ですぐに使えるところが最高!今まで使っていたクレジットカードでは、ポイントで交換できるモノををネットを見て、申し込みをしなければならなかったので、端数のポイントは無駄になるし、ネットを見なければいけないのが手間だし、クレジットカード番号を入力したりするのも面倒だしで重労働でした。それが楽天カードなら買い物ついでに使えるので本当に便利!楽天カードを作ってからはほかのクレジットカードは解約してしまい、光熱費などの支払いはすべて楽天カードにして、ポイントが月々少しずつでも貯まるようにしています。これからも愛用し続けます!

即日発行できるクレジットカードがあります

クレジットカードの即日発行はあまり聞きませんが、アコムのACマスターカードならネットからの申込や自動契約機を使用した申込で、その日のうちに発行することが可能です。ネットからの申込では審査が終わった後に自動契約機からカードの発行を受けます。最初から自動契約機で申込を行った場合はそのまま最後にカードが発行されます。もちろんこれはクレジットカードなので、消費者金融のキャッシング用のカードではありません。アコムが発行しているというだけです。カードはショッピング専用のカードと、キャッシング枠が付いたカードの2種類から選択することができます。提携ブランドは名前の通りマスターカードだけになりますが、急いでクレジットカードが必要な人にはおすすめできるカードです。

クレジットカードの付帯サービスって?

クレジットカードというと、付帯サービスのことを忘れてはいけません。カードの種類やランクによって付帯サービスには差がありますが、具体的にはどんなのもがあるのでしょうか。まずよく知られているのが海外・国内旅行の傷害保険でしょう。特に海外でのケガや病気というのは金銭的な不安も出てくるので、付帯されていれば有難いサービスといえますね。次は、無料で空港のラウンジを利用できるというサービスです。旅行好きの方や出張が多い人にとっては、乗り継ぎなどに伴う空港での待ち時間をゆったりとリラックスして過ごせる場所があるというのは良いですよね。最後は、買い物(ショッピング)保険です。これはクレジットカードで購入した商品が破損・盗難などにあった場合、購入後ある一定期間内であれば補償してくれるというサービスです。ただし全額補償というわけではなく50万円まで・100万円までといった最大補償金額というのが設定されており、保険の適用条件も様々なので一度チェックしてみるといいですよ。

初めてクレジットカードを使うときの注意点

クレジットカードの使い方は簡単なので、慣れてしまえば現金を持ち歩くよりもはるかに手軽で便利に使えます。但し初めてカードを使う際には注意点もあります。まずカードが届いたらすぐに裏面にボールペンなどで自分の名前を記入しておきましょう。簡単な作業ですが、もしカードを紛失して不正使用された場合サインをしていなければカード会社から補償を受けることができません。カードの裏面に名前を書くことは簡単な作業ですが、万一未記入で不正使用されると大変なことになるにで注意しましょう。 ショッピングの際にはクレジットカードを利用できるお店かどうかを確認しておきましょう。たいていの場合は店舗の入り口に、使用可能なクレジットカードのマークが表示されているのでスグに分ります。

クレジットカードの利点と注意点

クレジットカードの利点といえばやはりポイントです。「ポイントが欲しいならその店のポイントカードを作ればいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、ポイントカードはその店、ないしはグループの系列店でしか使えません。その点、クレジットカードはかなり広い範囲で使うことができ、その分ポイントが貯めやいです。ですので、様々なお店やサービスを使う方ほど、そのメリットは実感できると思います。注意点としては、金銭感覚がずれることです。クレジットーカードの支払いは、翌月行われます。ですので、きちんとその月の利用額を整理しておかないと、翌月に痛い目にあうことになります。そうなった際、分割やリボ払いに変えることもできますが、そうなると今度は手数料が発生し、一括と比べて合計金額が増えてしまいます。また、それらを繰り返し行っていると未払い金が累積し、気づかぬ間に大きな額になっていたり、限度額に達し、利用できなくなることもあります。ですので、クレジットカードを使う際は、利用額の管理と自分の収入との相談、そしてなるべく一括で済ますことが大事です。

スーパーマーケットの会計にもクレジットカードを

小銭が溜まって膨らみ重くなった財布を持ち歩くのはとてもスマートではありませんし、物理的にもかさばって仕方ありませんよね。特に大量の小銭が発生するスーパーマーケットの会計時は、出来るだけお釣りに端数が生じない様財布の中を引っ掻き回す煩わしさや焦りが出てしまうものです。私もこうした苦労をしばらく経験していたのですが、それでも最近ではかなりの数のスーパーマーケットがクレジットカード支払いに対応してくれる様になり、会計時の負担が大変軽くなったものです。会計時はカード一枚提示し処理してもらえば全て済みますから時間も掛からず大変楽。もちろん慌てて小銭を揃える必要も無く、その際小銭をバラバラ落としてしまうといったトラブルも無くて済むのです。

JALグローバルクラブカードをゲットしてから

一時JALに毎週乗っていたのでJALグローバルクラブカードを入手することが出来ました。年間50回以上乗らなければ会員になれないというその筋では結構自慢できるカードです。これがあると空港でゴールドカードラウンジにも入れますし、JALのラウンジにも入ることが出来ます。一人同行出来ますので、出張などに行くと連れと一緒に入ってビールをただで飲めるということも出来ます。ポイントはいわゆるマイレージでためているのですが、今飛行機に乗る機会が無いので羽田空港へ行ってポイントで買い物をしたり、ファミリーマートのプリペイドカードにも変えることが出来るので、最近はファミリーマートのプリペイドに変えることが多いです。内の近所にファミマがあるのでかなり重宝しています。